准看護師 求人

最近の准看護師の求人数の傾向について

准看護師,求人

 

准看護師の求人数の傾向

 

厚生労働省の指導により、准看護師の必須授業時間数は1890時間以上となっています。
週3日だけ学校に通う、というタイプと平日または週6で毎日半日だけ通う
というタイプに分かれているようです。

 

 

 

半日の場合、午前、午後、夜間というように学校ごとに異なっています。
いずれにしても働きながら資格を取ろうと思っている人が多く、柔軟な勤務時間で
医療機関でアルバイトをすることも可能となっています。

 

 

 

国内の看護師就業者数はおよそ101万人、准看護師はおよそ37万人となっていますが、
准看護師が近年減少傾向にあり、就業看護職員全体を占める割合も年々減っているようです。
その数は3割をきっているようです。

 

 

 

また年齢階層別で見てみると、准看護師は20代は最も少なく、
30代以降の場合が多くなっています。

 

准看護師を目指す社会人が増えてきた

 

本来の目的だった中学卒業者に対する看護職の機会創出、というよりは、
働きながら看護職を目指すシングルマザーや共働きを考える40代世代が看護師より
短期間で取得できる准看護師を目指していることが多いようです。

 

 

 

実際、准看護学校では働きながら学校へ通っている学生が多数います。
社会人として准看護師を目指す人も多くいるようです。

 

准看護師,求人

 

比較的収入の多い職業としてシングルマザーが働きながら准看護師を目指す、
というのも分からなくはないですね。

 

 

 

また医師会所属の病院により、学費減免などを受けられる場合も珍しくないのです。
このことにより働きながら学校へ通い、准看護師を目指す、という社会人が増えてきたようです。

 

 

 

ただ、実際には准看護師の数は減ってきており、
やはり正看護師を目指す女性が多くなってきたようです。

 

 

 

>>>准看護師の求人情報に応募から採用までの基本的な流れ